2007年 08月 14日
盛岡都南花火の祭典
b0072697_1434533.jpg
【写真】だいぶ左へ流れています(笑)。

本日の盛岡はまたまた猛暑日(暑)。みなさま、体調にはくれぐれもお気をつけください。
ちょっと遅めの更新ですが、11日に開催された「盛岡都南花火の祭典」へ行ってきました。
ここ数年は、会場の川を挟んで反対側の山の途中の道から見ていましたが、今年はメイン会場(有料)で観賞しました。
この日は上空の風が右から左へ強く、昇り曲導付や昇り竜の軌跡を追って、花火の破裂点を中央にフレーミングし花火の開花を待っても、構えた所よりちょっと左に花火が開いてしまいます(笑)。
まぁ、大曲へ向けての練習にはなったかな?(笑)。



b0072697_14383345.jpg
【写真】さながらメデューサのようでもあります(笑)。

b0072697_1439428.jpg
【写真】この流れ方も、また好しかな?

b0072697_1441247.jpg
【写真】露光中、ズームリングやフォーカスリングを回したわけでもないのに、風のおかげで面白い形になりました♪

b0072697_144342100.jpg
【写真】ドッカ~ン!(1)

b0072697_14444480.jpg
【写真】ドッカ~ン!(2)

↓ここからは、左寄りの花火が続きます(照)。
b0072697_14455146.jpg

b0072697_14461037.jpg

b0072697_14462751.jpg

b0072697_14473551.jpg

b0072697_14482212.jpg

b0072697_1448342.jpg

b0072697_14492364.jpg
【写真】八重芯、三重芯、四重芯など。

b0072697_14501430.jpg
【写真】会場の様子。

う~ん、お粗末(笑)。
果たして、大曲の花火では良い写真が撮れるか不安になってきました…。
そういえば、大曲の花火。昨年は75万人が訪れたという、日本一美しい花火が見れる花火大会ですが、鑑賞する会場の環境も日本一劣悪です(笑)。
毎年毎年、ツアー客用の桟敷席が拡張し、一般の観客席が狭くなる一方、その狭くなった一般席に収容しきれない程の観客が殺到! 昨年はついに立ち見をしました(疲)。
そのため、今年は桟敷席の発売日に朝早くから電話をし、何とか早めに場所を確保しようとしましたが、結局夕方まで電話は繋がらず、チケットが売り切れてしまいました(泣)。
こうなったら当日の朝イチに現地に乗り込み、一般席開放の順番待ちの列へ並ばねば…。
今年も疲れそうだなぁ…。
でも、大曲の花火にはそれだけの価値があるので、仕方がないのです…。
[PR]

by m-rakuda2 | 2007-08-14 14:36 | 手帖


<< 夏を彩るムクゲの花      アサガオ >>