2007年 10月 04日
鮭還る
b0072697_17163514.jpg
【写真】鮭のレリーフが、コスモスをくわえているのがおもしろかったので、つい一撮…。

鮭が生まれ、やがて還ってくる街盛岡。今年も鮭の帰省が始まりました。
川沿いの遊歩道や橋の上からは多くの人が、長い旅路の果てにふるさとへ帰ってきた鮭を温かく見守っています。
やがて産卵を終えた鮭は力尽き亡骸に…そして新しい生命の誕生へ。
まさに故郷に骨を埋める覚悟で、帰省してくるのでしょうね。



b0072697_17171175.jpg
【写真】見えますか?

b0072697_17175733.jpg
【写真】橋上から。傷ついた尾ひれからは、長旅の苦労が伺えます。

b0072697_17191298.jpg
【写真:ニジマス】ともに遡上してきたのかな?

同じマス科であるニジマスも、海へ下り、やがて帰ってくる者もいます。
小さい頃、争いに敗れたりしたニジマスが、川を下り海へ出て大きく成長し、やがては川へ戻ってきて主になる…なんて下克上もあるようです。
人間界みたいでおもしろいですね(笑)。

そんな生命のドラマが繰り広げられている、盛岡の秋でした…。
[PR]

by m-rakuda2 | 2007-10-04 06:48 | 手帖


<< 秋ノ香      小さな秋 >>