2008年 04月 10日
岩手開発鉄道
b0072697_23142287.jpg
【写真】岩手開発鉄道 盛駅。その昔、旅客運行していたときのどこか懐かしい駅舎とホームが残っています。

大船渡へ春を探し行った時、途中でトイレに行きたくなり、盛駅に寄りました。
ついでに…と駅のホームをまたぐ跨線橋に登り線路やホームを眺めていると、駅舎の反対側奥に小さなホームを発見。近づいてみるとかわいい駅舎までありました♪


↓昨日も記事をUPしてたのですが、非公開にしてたままでした…。



大船渡は「大船渡駅」という市名が付いたJRの駅がありますが、本当の中心駅は「盛駅」になります。三陸鉄道・JR大船渡線・岩手開発鉄道という3路線が乗り入れ、古くから三陸の交通の結節点です。
b0072697_23315914.jpg


b0072697_23353330.jpg
【写真】岩手開発鉄道:ホキ100形。
~岩手開発鉄道とは~
石灰石を運ぶ貨物専用線。大船渡市北部の山から石灰石などを採掘し、大船渡港にあるセメント工場まで運ぶ。
1992年までは旅客輸送もしていたそうです。


b0072697_23473341.jpg
【写真】積荷を降ろした列車が盛駅を通過して行きました。

b0072697_23494462.jpg
【写真】奥からJR、三陸鉄道、岩手開発鉄道の車両が並ぶ。

b0072697_23515853.jpg

b0072697_2352216.jpg
【写真】眼下をちょうどJRと三陸鉄道の車両が併走していきました。

b0072697_23551114.jpg
【写真】盛駅正面。奥が三陸鉄道、手前がJRの駅舎。

帰ってから岩手開発鉄道のことを調べると、盛駅以外にも旅客輸送をしていた時代の駅舎とホームが残っている所がある模様。
今度探検してみよう。
[PR]

by m-rakuda2 | 2008-04-10 23:58 | 手帖


<< 菊咲一花とカタクリ      気仙の春2008 【2】 >>