2008年 07月 15日
583系 いわて平泉号
b0072697_22333244.jpg
【写真】懐かしの583系が復活。

7月13日。いわて平泉観光キャンペーンの一環として、583系を使用したイベント列車が運行されました。
自分も乗って仙台まで行って牛タン(笑)と思っていたのですが、残念ながらチケットが取れず、その姿を見るだけで我慢しました。



↑撮影時、列車が来たのでカメラを構えてシャッターを切ろうとした時、AFポイントが中央1点の設定になったままでした…。慌ててAFポイントを動かそうとするも、時すでに遅し…。超日の丸(笑)。
本来であれば、写真の左端に列車の顔をもってくる構図がベストなのですが、間に合わず…。しかも、後で気がついたのですが、撮影ポイントが順光ではなかったので、ボディも影でつぶれてます…。
まぁ、俄かな人の撮影はこんなもんです(笑)。

b0072697_23375241.jpg
【写真】大きな窓の上に2つの小窓。寝台仕様時の上段、中段用の小窓が懐かしい。

b0072697_22555037.jpg
【写真】仙北町駅にて。

学生時代。帰省の度に深夜の盛岡駅で札幌へ向かう寝台「北斗星」を待っている時、必ず向かいのホームに、青森発上野行きの583系寝台「ゆうづる」が停車していました。
これから北へ向かう自分…。「ゆうづる」で南へ向かう人々…。それを見送りに来た人たち…。様々な風景がそこにはあって、人それぞれの人生の交差点を垣間見ていた記憶があります。
果たして自分は北へ針路をとったけど、南じゃなくて良かったのか…なんて、あの頃の甘酸っぱい記憶をよみがえらせてくれるのが、この583系です。
その数年後…。友人の結婚式へ向かうため、久しぶりに「北斗星」を深夜の盛岡駅のホームで待っていた時、もう向かいのホームには「ゆうづる」の姿はありませんでした…。
東北新幹線が青森県(八戸)まで伸びたため、「ゆうづる」はダイヤからひっそりと外れていました…。
あの時以来、久しぶりに生で見た583系。相変わらずボコボコにへこんだ車体が、とっても懐かしかったです。
来月には、また期間限定で復活するみたいなので、今度こそは乗ってみたいです。
あ~列車でのんびり旅がしたい!
[PR]

by m-rakuda2 | 2008-07-15 23:40 | 手帖


<< 折爪岳のヒメボタル      星の一本桜 >>