2006年 08月 27日
全国花火競技大会(大曲の花火)
b0072697_1756334.jpg
EOSkissD EF28-70 2.8L/EF-S10-22 3.5-4.5 F11バルブ
初の試み、使用機材と撮影データ。写真ブログっぽくなったかな(笑)

今年も、秋田県大仙市(旧大曲市)で行われた全国花火競技大会へ行ってきました。
なんと、個人的に7年連続で見に行っています(笑)。



盛岡を17:30に出発。大曲に着いたのが19時ぐらい。会場着が19:30ぐらいでした。
今年は目立った渋滞も無く、すんなり路駐できました(笑)。
会場で、先発部隊が場所を取っててくれてるはずが、自分達の席のスペースが無い…とのことで、結局、桟敷席の後ろのフェンスに張りついて立ち見をしました(笑)。

しかし、さすが大曲の花火。何回見てもすばらしい!の一言。
普通の花火大会ではなく、競技大会ってのがポイントで、全国の花火師(煙火店)がガチンコで花火の出来を競うところが、この花火大会の素晴らしさです。
そのため、毎年多くの新作花火も発表され、大曲で見た次の年に、他の花火大会でその花火を見る事も多いです。
「数はPLの花火(大阪府)。質は大曲の花火」と言われているとか…。
b0072697_18225758.jpg
【写真】今年はアップばかり撮ってました。
b0072697_18232272.jpg

b0072697_18234146.jpg

b0072697_182434.jpg

b0072697_18242537.jpg

b0072697_18245273.jpg
【写真】大会協賛花火。参加した全ての花火師が結集し、技術の限りを尽くした6分半1900発のショータイムです。ほとんどの人が、これを目当てに来ます(笑)。

いや〜。しかし、写真だと迫力が100分の1になってしまうのが勿体無い(笑)。まぁ、自分の写真の撮り方もマズいので、見たことが無い方は、来年ぜひ現場でどうぞ!
今年は、桟敷席(有料)のスペースが拡張されたのか、一般席(無料)が狭く感じました。例年より人が少なく感じましたが、主催者発表では、記録更新の75万人だそうです。
例年だったら、通路にまで人が溢れ、身動きがとれない程なのに、今年は終始スムーズ。明らかに去年より少なく感じるけどなぁ…。
帰りの渋滞も、15分ほどで市街地を抜けれた程あっけなく、難なく盛岡へと帰ってきました。
[PR]

by m-rakuda2 | 2006-08-27 09:56 | 県外・ちょい旅編


<< 雲上の楽園 松尾鉱山跡      正法寺 【ボツ写真救済企画-2】 >>